So-net無料ブログ作成
京都うろうろ ブログトップ
前の5件 | -

映画村で僕らの時代探し。 [京都うろうろ]

XT200558.jpg

昭和の初期、京都は映画の都といわれ特にこの太秦(うずまさ)には大手映画会社の撮影所が集中したところから“日本のハリウッド”と呼ばれていました。
やがてテレビの普及に伴い映画は衰退、次々と撮影所が閉鎖される中、東映の撮影所の一部を映画文化を残すためにテーマパークとしてオープンさせてから44年。
ミュージアム的な部分もあり、“大人”にとっては、ちょっとタイムカプセルを開いてみる楽しみもあります。

XT200563w.jpg

ジャジャ〜ン!時代劇のオープンセットの池に突然、水煙が立ち怪獣が現れる・・・
前回訪れた時は息子も幼く、これがウケて一番印象に残っていました。
今も元気で煙を吐いている姿を見て嬉しくなりましたよ♪

太秦映画村には有料のアトラクションも多々あります。特に怖すぎると
評判の『史上最恐のお化け屋敷』は、東映ならではの時代劇版。
美術スタッフが作り上げた臨場感あふれるセット、本職の俳優が演じる
お化け、幽霊。特撮もお得意な東映だから相当本格的だと・・・
ただ私は怖いのは苦手なんで。(^_^ゞ スルー。
無料で観劇できる「中村座」に入ってみました。

XT200533.jpg

『激突!忍者サスケショー』、一日3回公演される20分ほどのアクション時代劇ショーです。
開演前のお願い口上では、スマホはマナーモードにとか、写真・ビデオ撮影は・・・当然禁止かと思ったのですが、ジャンジャンバチバチご自由に!って。ただしストロボは禁止でしたが。

XT200536.jpg

XT200547w.jpg

3Dマッピングを駆使したステージ、アクションも迫力あって思いのほか楽しめました。
劇の最中、客席まで巻き込んでね。(^_^ゞ

XT200540.jpg

外では「ちゃんばら辻指南」、時代劇離れした子供らも楽しそうだった♪

XT200554w.jpg

東映特撮ヒーローといえば仮面ライダー、スーパー戦隊?
こういうのって世代差がくっきりと出ますよね、流行歌やアイドルが世代によって異なり、世代を特定することもできる。ヒーローも同じく・・・

FUJI9162.jpg

FUJI9160w.jpg

仮面ライダーシリーズは1971年から今も続いている、親・子・孫でそれぞれの仮面ライダーが違っているのでしょうが・・・。
1975年、ゴレンジャーで始まる戦隊シリーズもね。
東映じゃないのでここではあまり見られないけれど、ウルトラマンシリーズはもっと長いかも。

さて、私の時代は・・・私が懐かしいと思うのは、年表の始まり部分かな。(^_^ゞ
そりゃ私が生まれた年は、テレビの本放送が始まった年。私の人生とテレビの歴史が重なっています。
テレビが普及し出して、子供番組も作られるようになって登場したのが「謎の正義の味方」♪
月光仮面・遊星王子・少年ジェット・鉄腕アトム(実写版)・まぼろし探偵・七色仮面・豹(ジャガー)の眼・海底人8823(ハヤブサ)・鉄人28号(実写版)・快傑ハリマオ・アラーの使者・ナショナルキッド・忍者部隊月光・・・
こんな名前に懐かしさを覚えられた方は、私と同じ少年時代を過ごされた同世代でしょうね。(^_-)v

FUJI9164.jpg

ところで、ゴジラって古いですよね。1954年東宝の映画『水爆大怪獣映画・ゴジラ』が最初で、主演が宝田明、料金は大人70円・小人40円だったようです。

FUJI9147.jpg

今見ると何ともちゃっちい特撮ですが、私らの少年時代はそれでも熱狂できた。やっぱり正義の味方はヒーローでした。

FUJI9146.jpg

引き出しの隅から出てくる想い出の欠片、映画村にはそんな欠片が見つけられる気がします。

FUJI9166w.jpg
大名行列の顔出しパネル、団体さん用かな。修学旅行生など歓びそう。

孫へのお土産は忍者ソフトヌンチャクヽ(´∀`*)
FUJI9173.jpg
2018.11/12、東映太秦映画村にて。
nice!(46)  コメント(14) 
共通テーマ:地域

久しぶりに映画村 [京都うろうろ]

FUJI9171.jpg

去年の秋、久しぶりに『東映太秦映画村』に行きました。30年ぶりくらいかな?
ブログ下書きに写真だけ貼って放置してあったのでアップしときます。(^_^ゞ

XT200470w.jpg

エントランスとかはさすがに新しくなってました。何年か前にリニューアルしたみたいです。

XT200468.jpg

何でもアリな感じは昔のまんまな気が・・・

XT200477.jpg


XT200479w.jpg

時代もめちゃくちゃです。

XT200491.jpg


XT200482.jpg


XT200500w.jpg

撮影もしてましたよ、さすがに写真・ビデオ撮影禁止でした。
やっていたのは時代劇、子役も大勢いて寺子屋が舞台になってたかな。
当然のことのように役者より撮影スタッフの方が数が多く、それぞれの役割、動きを見るのは興味深いです。

XT200504.jpg


XT200505.jpg

時代劇は少なくなり、観ることも無くなりましたが、ここにはまだ時代劇のシーンを彷彿とさせるセットや小道具が・・・
そんなものを見ると何かしらストーリー展開を妄想してしまいます。(^_^ゞ


XT200515w.jpg

映画文化館前の広場の噴水には世界の名作映画のレリーフが貼られています。
タイトルを見ると懐かしのワンシーンが甦る。そんな映画ばかりでした。

XT200512.jpg

1階フロアは美空ひばりの展示スペースになっていました。永遠の歌姫、改めてその足跡が感じ取れます。

XT200517w.jpg

2階はポスターや映画機材、貴重な映画資料などが展示されている「映画の殿堂」
懐かしいものやそれ以前のもの・・・銀幕の世界に思いを馳せることができる。

XT200497.jpg

京都にはテーマパークらしきものが無い。唯一あるとすればココかな?
アトラクションやショーもあるしね。何よりも映画に特化した個性がある。
ただ、ジモティーのリピートは期待できそうにないけど。(^_^ゞ
それでももっと外国人観光客や修学旅行生の比率が多いのかなと思っていたら、この日は普通にファミリーやカップルの客で賑わっていました。ちょうどいいくらいの賑わいぶり。

お腹が減ったので園内のお店へ。食事処や茶店が10軒ほどあるかな、ラーメン屋さんに入ってみました。

FUJI9132.jpg


FUJI9134w.jpg

昔ながらの中華そばでこれがなかなか美味しかった。

XT200529.jpg

はし袋も記念に持って帰りましたよ♪

XT200523.jpg

行ってみると結構楽しめて、それほどガッカリなところではなかったかな。
今度は何年後に行くかは分かりませんが・・・

記事はもう1回続けます。続けられたらですが。(^_^ゞ

FUJI9168.jpg
2018.11/12、東映太秦映画村にて。
nice!(43)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

六角さんは、はなととりと・・・ [京都うろうろ]

XT200424.jpg
[一言願い地蔵]

紫雲山 頂法寺、587年に聖徳太子が創建したと伝えられている。通称:六角堂、京都では「六角さん」の愛称で呼ばれています。
華道発祥の地としても知られている。聖徳太子に仕えていた小野妹子がここで入道し、ご本尊に花を供えるようにしたのが始まりとされ、頂法寺の本坊である六角堂が太子が沐浴された池のほとりにあったころから「池坊」と号した。そして現代に亘り住職であり家元でもある池坊が代々務めているのだそうです。
トップ画の一言願い地蔵さんも花束を持ってますね。少し首を傾げたお姿は、願いを叶えてあげようかどうか考えておられるのだとか・・・意地悪じゃないですよ、信仰心を見極めてられるのだそうです。

XT200418.jpg

[十六羅漢像]
XT200420.jpg

京都の街中にあって小さな境内ですが、多くのお地蔵さんが安置されています。
それと和顔愛語の十六羅漢さんもね。「和顔(わげん)愛語(あいご)」の教えを実践し、いつもにこにこされています。その周りには邪鬼もいて、改心する姿も見られます。

XT200431.jpg

創建されたのが京都に都が遷る200年以上前って伝えられていますが、平安京造営の際、計画予定の道の真ん中に建っており困っていたところ、堂は自ら北方へ15m動いたという伝説がある。今はビルに囲まれてしまって・・・

XT200417.jpg

この日は池坊いけばな展で、境内にも花がいっぱい。

XT200436.jpg
[へそ石]


XT200434.jpg

花は花でも「番茶も出花?」、お弁当タイムを楽しむJKさんたち。(^_^ゞ

XT200425.jpg

寺院にとって鳩は困り者のはずですが、人懐っこい鳩がいっぱい。餌やり禁止にする寺もあるのに、ここでは名物?になっている。いつ頃からか何故なのかは知りませんが、おみくじやお守り、願掛けなど鳩グッズが揃えられています。

XT200419.jpg


XT200402.jpg

聖徳太子沐浴の古跡と伝えられる池には白鳥が浮かんでいます。この白鳥には「餌を与えないで」って注意書きが・・・近づくとかみつくそうです。
この池は池坊会館のビル内にまでつながっていますが、その池坊会館内には文鳥が飛んでいたし・・・鳥好きなお寺?

XT200438.jpg

見逃しそうになりますが、境内のクスノキの枝にフクロウさんが留まっています。木彫のようですが、何羽かいるので数えてみてください。


XT200583w.jpg
[鳩みくじ]
期間限定カラーの金色の鳩みくじがあったので、そちらをゲット。10月にはここで「CHANEL MATSURI」ってあのシャネルのイベントがあって、その期間中はシャネルカラーの真っ赤な鳩みくじが出たようです。

XT200579.jpg



XT200412.jpg
2018.11/11、六角堂にて。
nice!(25)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

花戦さ?池坊いけばな展 [京都うろうろ]

XT200365.jpg

また1ヶ月以上前のイベントの話なんですが・・・いけばな展に行ってみました。
場所は六角堂・池坊会館、いけばな発祥の地と言われています。
池坊の師範でいけばな教室を開かれている方から招待券をいただいたのですが、以前も映画のチケットをいただき観に行ったことがあります。野村萬斎主演で池坊専好を描いた『花戦さ』って映画でした。
そういえば先日、「ボヘミアン・ラブソディ」を観に行きましたが、ほんと久しぶりだったな、招待券じゃなくお金を払って観た映画は。(^_^ゞ

XT200396.jpg


XT200400.jpg

六角堂(紫雲山 頂法寺)は何度も訪ねています。西国三十三所の十八番札所です。隣りの池坊ビルは“WEST 18”って名前になってます。1階はスタバになっていて六角堂の境内からも入れますよ。そのビルのシースルーエレベーターに乗って、上から六角堂の写真も撮りましたが、六角堂のまだ奥にある池坊会館へ入るのは初めて。

XT200399.jpg

なかなか大したビルですね、建物の中に池はあるは、鯉どころか白鳥まで・・・
ちょっと驚いたのは、白い小鳥が囀りながらいっぱい飛んでいるじゃないですか!
白い文鳥かな何十羽も。もちろんガラスで仕切られたスペースですけど。

XT200371.jpg


XT200372.jpg

このいけばな展、正式には『旧七夕会池坊全国華道展』というものだそうで、江戸時代から続く最大最古のもの。池坊華道家による約1,500点の作品が高島屋と池坊会館の2会場に展示されており、入場料は高校生以下が無料、着物での来場者も無料ってことでした。着物姿はあまり見なかったけれど、インテリっぽい外国人は結構居られたかな。とにかく想像以上に盛況でした。

XT200375.jpg


XT200377.jpg


XT200381.jpg

映画「花戦さ」で、野村萬斎が演じていた主人公・池坊専好は初代の専好。実は池坊専好というのは、池坊の家元およびその継承予定者が名乗る名跡。初代は華道家元三十一世で豊臣秀吉が登場する時代、二代目専好の時にそれまで七夕の日に宮中で催されていた大立花会を、後水尾天皇から池坊で七夕立花会を催す許しをもらって現代まで続いている。何故11月にするようになったかは分からなかったけど。
ちなみに今の池坊専好は四代目で2015年次期家元として襲名された池坊由紀さん。相撲協会評議員会議長としてニュース番組を騒がした池坊保子さんの長女ですね。

XT200382.jpg


XT200386.jpg

結構斬新な立花(りっか)もありました。伝統的な立花正風体に対して、今の家元池坊専永が発表された立花新風体ってやつかな。
プレバトで生け花査定をされている絢爛豪華大好きのアノ華道家の感性とは美意識がちと違うように思えますね。(^_^ゞ

同時開催で「花の甲子園」なるものをやっていました。地区代表校に選ばれたら“いけばな発祥の地”京都・六角堂へ!ってことのようで全国大会らしいです。
コンクール形式なのかな、技術点とか芸術点とかで競うのでしょうかね。

XT200395.jpg


XT200392.jpg

高島屋の会場にまでは行きませんでしたが、池坊会館だけでも5フロアーくらい使っていたかな。こんな大きないけばな展があることさえ知りませんでしたから、結構楽しめました。

XT200443.jpg
2018.11/11、六角堂にて。
nice!(39)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

満足じゃ? [京都うろうろ]

XT208322.jpg

大胆不敵?自信満々のその名も『満足稲荷神社』、以前から気になっていたので
ちょっとお詣りしてみました。満足できるのか・・・?(^_^ゞ

XT208328.jpg
〈舞殿〉
場所は東大路通仁王門下ル、近くに平安神宮や国立美術館があります。
「小さな神社で、大きな満足」とHPに謳っている通り小さな神社。

XT208325w.jpg

御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)、お稲荷さんですね。

FUJI8625w.jpg
〈元御本殿、岩神さん、ご神木〉

XT208340Rw.jpg
〈元御本殿を守る狛犬?〉
左がコン吉、右はツネ松。ミッキーマウスのような耳だけど、狐だということらしい。体中ケガだらけで痛々しいけれど、健気にお役目を勤めている。

FUJI8627.jpg
〈ご神木・もちの木〉
樹齢400年ともいわれるご神木・クロガネモチの木。一本の幹から八本の幹が枝分かれし、末広がりでたいへん縁起がよいとか。確かに迫力はある。

XT208335w.jpg

さて、名前の由来、ご由緒は・・・豊臣秀吉が文禄の役の戦勝を稲荷大神に祈願、その霊験におおいに満足。伏見桃山城の守護神として勧請し、満足神社と呼した。

豊臣秀吉の稲荷信仰は、幼少の頃より出世開運の神である稲荷大神を信仰。
天下統一を果たし、京に聚楽第を造営、その邸内に稲荷社を勧請。
後陽成天皇が行幸の際、立身出世を成し遂げた秀吉に因んで「出世稲荷」の号を授けられた。その稲荷社は聚楽第取り壊しの後も残ったが平成24(2012)年に、京都大原に移転している。
また秀吉は実母・大政所の大病平癒を伏見稲荷大社に祈願、成就したことから大規模な寄進を行ない、応仁の乱で灰塵と化していた伏見稲荷を現在の姿にしたといいますから、お稲荷さんの神使はキツネじゃなくサルでもいいかもね。(^_^ゞ

XT208347.jpg
〈岩神さん〉
この霊石をさすり、その手で身体の悪い所をさすると治ると伝えられている。

XT208353w.jpg

本殿はこの神社の規模にしてはしっかりしたものでした。小さな神社なのでお詣りもあっという間に済んでしまい、満足できるかどうか・・・
とりあえず、秀吉を満足させた霊験、ご利益にはあやかれるかも。

XT208337.jpg
2018.1/12、満足稲荷神社にて。


ここでのお持ち帰りは・・・
XT208333.jpg

「白ぎつねおみくじ」。神の使いとして狐が百年修行すると白ぎつねに格上げされる、そんなご本殿の満足白ぎつねがモチーフになっている。
じつはこれ左右(巻物/宝珠)が1対となっている。それに気がつかず巻物を咥えた方だけお持ち帰り。
一体500円、二体セットだと900円・・・さすが商売の神様、セットはお得に。

XT209108w.jpg

「変わりみくじ」が結構たまってきました。そろそろ積極的に集めて新しいブログカテゴリーでも始めるかな・・・(^_^ゞ

XT209112.jpg
nice!(45)  コメント(15) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 京都うろうろ ブログトップ